FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  ↑Top

2013'12.08 (Sun)

ヨハンをイトスギ森に連れて行く方法を考える

イトスギ森! ゾンビ退治! 聖職者の独壇場!! 神官兵団『アルター教団』バンザイ!

だがしかし我々のヨハンは普通の魔術師としては三下クラス。
若い頃戦場に駆り出された頃も、基本的には陣地でメディックやってました。1日24時間回復回復。
魔力量多い純血エルフは、従軍治癒師だけでも食っていけるんじゃないかと。

こいつが弱いくせに何で前に出たがるかって言うと、
弱いからなんですね。
逃げられない距離まで近づいて確実に討つ。できれば頭部を破壊できれば、必殺です。
そういう戦法です。

一応、相手の「いきなり捨て身で来る訳ない」という心理的な隙を突いているつもりでもあります。


……ので。
ゾンビの大群にはこの戦法は当然通じません。
以下、いかにして紙防御の弱っちいヨハンをイトスギ森で鍛えるかの考察に入ります。



【More・・・】

まずは防具。

魔術師がギリギリ身につけられる防具というと……個人的には「鎖帷子」まではOKとしたい。
これを神父服の下に。
これだけで、胴体への爪攻撃にはかなり抵抗できるはず。

次、「厚手の革マント」。重みがあるので、振り回せば、縁がゾンビの腐った腕くらい叩き落としてくれるんじゃねーか、などと武器としての用法も想像しつつ。滑らかな革は、ゾンビの打撃攻撃をいなしてくれるんじゃないかと。
ただ、丈は短めでないと重くてしようがないね。
 「革の短外套」とかそんな名前にしようかな。これも白を誂えるつもりなんだろうか。でも白以外似合わないなあ……。いっそ紫にするか……。
 あ、武器としての用法を鑑みて、前立ての辺りを少し長めにしよう。刃物的に。長門の髪型の横髪みたいに少し長め。こいつを手でばしっと捌けば、相手の顔とか胴がスパッと切れる! いい感じだ。

後は、「小手」or「バックラー」をつけるかどうか……。
前衛に出るならつけといた方がいい気もするけど、マントがあればいいような気もする。
ゾンビに斬撃の敵はそうそういなかろう。

足元は、「革のロングブーツ」。
(ちなみにジョンは、「脛に補強の入った、蹴り技に適したロングブーツ」。)

……防御はこんなもんか。



武器は、いつものでいいや。「術手袋」。



だって、立ち位置は前衛にするもん。
紙防御だけど。
後衛に置いたところで、強い魔法持ってないから……。
ジョンの横でちまちまと、小さくダメージ与え続ける地味なお仕事をしてもらいましょう☆

そう言えば、「魔導書」使ったこと無いんだよな。
あ、後衛にいる時これ使おう。
よく覚えてない魔法だけど魔導書読めば使える! みたいなね。
書いてる呪文読むだけ~、みたいな。
よしよし。


あー、戦争イベントやりたいな……。
集団戦闘やりたいなあ。
スポンサーサイト
11:17  |  小ネタ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://petitcitydiary.blog.fc2.com/tb.php/69-c568cc74

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。