スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  ↑Top

2010'01.28 (Thu)

現在出来上がってる、教団・ヴァイスシュミット絡みのNPC

ヴァイスシュミット家
ベルトルト叔父さん(一族でも高名な退魔師。20年前に引退はしたが、まだ退魔の仕事は続けている)
本家筋?少なくともヨハンの分家より格上

リヒャルト氏(ベルトルト叔父の長男。刀鍛冶)
ジークベルト氏(ベルトルト叔父の六男。教皇庁就任)

アーベントレーデ君(ベルトルト叔父の十三男・某侯爵家お抱え魔法武具職人)
ヨハンより30歳ほど年下の従兄弟。気位が高い。腕の良い魔法鍛冶師

ジークリンデ(また別の分家筋の従兄妹。アーベントレーデレーデの妻・一流魔法服飾(防具含む)でざいなー)
ヨハンより100歳くらい年下の従兄妹。勝ち気な美人。昔はヨハンのお嫁さんになると言って聞かなかったが、
お転婆でかなわないのでヨハンは避けていた。当時は年齢差ありすぎたし。


ヨハンの分家
当主であるヨハンの父はまだ設定なし

カール・ツェーザル・カスパール・アッカーマン(執事頭)
ヨハンが子供の頃には既に、今と同じ若者の姿をしていた。魔神と言っていいほど高齢なエルフ。
ゴージャスな金の縦ロールと、常に絶やさぬ笑顔が特徴。
(某アーシアンに出てくる某ミカエル様を想像してもらいねえ)
深緑のロングベスト、焦げ茶のロングジャケット、チャコールブラウンのスラックス(裾ダブル)、茶色のおでこ靴
というお仕着せに、ボディーガードとしての白い術手袋。

バルドゥル(書庫番)
魔法武器製作者の家柄ヴァイスシュミットには、その一環として膨大な魔導書が蓄積されている。
その管理責任者がバルドゥルである。見た目は少々いかついが、不正をして持ちだそうとする輩に対してはその強面も抑止力となっている。が、その実態は偏執的な書痴、書籍愛好家・ビブリオマニア。
しかしおかげさまでヴァイスシュミットの蔵書は常に完璧な状態に保たれている。

グランツ(魔法書士)
名前の意味は「光輝」。しかしそれに反して見た目は一見大層地味。親が、精神的な高貴さを求めて名づけたのだろう。
磨けば光るはずの豊かな、焦げ茶色の巻き毛を無造作にひっつめて。青白い細面、高い鼻梁に、度の強い黒縁丸眼鏡をちょこんと乗せて、バルドゥル監修のもと日夜魔導書の筆記・自動筆記に励んでいる。
子供の頃からヨハンの家に住み込みで世話になり、教育を受け、育て上げてもらった恩義に報いるべく常に献身的に主家に尽くす。が、いかんせん誤字・脱字の癖が治らない。魔法書士として致命的な欠陥を持ちながら尚、主家は彼を大切な使用人として……ほとんど家族として扱う。
グランツは一生、ヴァイスシュミットに全魂を捧げるだろう。
ちなみにヨハンとは幼なじみの学友でもあり、ツーカーの仲である。



アルター教団
執行部……教皇・円卓の10席・執行部付き魔術師で構成される。ヨハンは執行部付き魔術師で、「特殊魔法担当官」の肩書き。

教皇:(名前未定)アルター教団の代表。戦争勃発は彼の名により発令される。
円卓の10席:教団の意思決定機関。定員10名だが、事情により現在1席が空席。
ジャン・ルージュ・フォルジュロン(枢機卿)
勝ち気で傲岸不遜な魔術師。聖・炎系の魔法を得意とし、特に広範囲結界を展開する大魔法を得意とする。体力は底辺。
ヨハンの恋人。

ジョヴァンニ・ファッブロ=ドーロ
この教団で最も神聖な"黄金の大魔法"を展開する、平民出かつ種族・人間の稀有な逸材。弱気眼鏡。黒髪。口癖「あぅあぅ;」
普段は濃藍の瞳だが、大魔法を展開する時にはその双眸は黄金に輝くという。

スポンサーサイト
02:14  |  その他設定集  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://petitcitydiary.blog.fc2.com/tb.php/122-a9c3c1c9

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。